WEB3

WEB3

IEOとは?暗号資産プロジェクトの資金調達方法。

IEOとは、Initial Exchange Offeringの略。 IEOは、暗号通貨プロジェクトの資金調達方法の一つです。 トークンセール(トークン販売)をプロジェクト自身のウェブサイトやプラットフォームではなく、暗号通貨取...
WEB3

CRYPTO:仮想通貨から暗号資産へ

「暗号資産(仮想通貨)」とは、ブロックチェーン技術を使った財産的価値のある電子データの総称です。 2019年5月31日に、仮想通貨の取引に対する新たな規制を盛り込んだ「資金決済法および金融商品取引法の改正法」(以下、改正法)が成立し、...
FiNANCiE

日本発の新世代サービスFiNANCiE(フィナンシェ)と暗号資産FNCT(フィナンシェトークン)

FiNANCiEは、ブロックチェーン技術を活用したトークン型のクラウドファンディングサービスです。 また、FiNANCiEはブロックチェーン上で取引可能なERC20トークン・ガバナンストークンである「フィナンシェトークン(FNCT)」...
WEB3

Web3とは何か?そしてWeb3が描く未来とは?

この記事では、「Web3とは何か?」を解説します。 まずはWEB3についてザックリご説明したうえで、これを理解するために必要な、Web1.0、Web2.0からWeb3.0(Web3)への変遷と、Web3が描く未来についても解説します。...
DEP最初に読む

【DEP基礎1】ディープコイン(DEAPcoin/ DEP)はどの暗号資産取引所がいい?

今回は、DEP=ディープコイン(DEP/ DEAPcoin)の購入の前に、基本的な知識のご説明と、どこの暗号資産取引所(暗号資産交換業者)で口座開設をするのがいいのかをご紹介します。 結論としては、Bitpoint(ビットポイント)と...
PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました